【秋の夜長に鳴くマツムシ】

JUGEMテーマ:鳴く虫

マツムシは養殖個体ならそろそろ寿命が近く、元気がなくなってくる頃かもしれませんが、野生のマツムシはまだまだ元気に鳴いています。11月中旬くらいまではたくさん鳴いていて、その後、徐々に減っていきます。そして晩秋の気温が低い頃は昼間にも鳴くようになります。3年前の12月1日の昼間に1匹のマツムシが元気に鳴いていたことがあり驚きました。コオロギやスズムシの仲間は気温により鳴くテンポが変わります。気温が高い時は鳴くテンポが速く、気温が低い時はテンポがスローになります。しかしマツムシは気温による鳴き声のテンポはほとんど変化ありません。これもマツムシの特徴でしょうか。

(画像・発見したマツムシ成虫♂・2020年10月16日 大阪府郊外)