【コロギス幼虫越冬】

JUGEMテーマ:鳴く虫

 

コロギス幼虫が越冬に入りました。ここ数日、夜間巣から出てこなくなり、終日巣の中で過ごすようになりました。来年春までこの状態で、3月下旬ころから夜間巣から出て活動するようになり、5月末ごろ成虫になります。画像のコロギスの周りの白いものは、自分の口から出したクモの糸のような粘性のある物質で、これで葉をくっつけたり固定したりして巣を作ります。

 

(画像・コロギス幼虫2020年11月8日・自宅虫部屋にて)

【ヤマトヒバリ採集】

JUGEMテーマ:鳴く虫

昨日ヤマトヒバリの採集に行ってきました。気温が高い時はギィギィギィギィ・・・という感じで鳴きますが、昨日採集時の気温16℃。リューリューリュー・・・という感じの鳴き声になっていました。このように気温によって鳴き声が変化するコオロギの仲間は少なくないです。面白いですね。

(画像・ヤマトヒバリ成虫♂2017年 近畿地方郊外)

【気温が低くても虫鳴いていた】

JUGEMテーマ:鳴く虫

鳴く虫は15℃以下、35℃以上で鳴かないと一般的に言われています。昨夜採集時気温13℃と低かったですがマツムシは前回よりも少なくなっていたものの、あちこちで鳴いていました。さすがにクツワムシは全く鳴いていませんでしたが17℃以下で鳴かないことが分かりました。私の調査では越冬個体のヤマトヒバリは10℃、キンヒバリとカヤヒバリは8℃でも鳴くことがわかりました。真冬でも鳴くとはすごいですね。

 

【秋の夜長に鳴くマツムシ】

JUGEMテーマ:鳴く虫

マツムシは養殖個体ならそろそろ寿命が近く、元気がなくなってくる頃かもしれませんが、野生のマツムシはまだまだ元気に鳴いています。11月中旬くらいまではたくさん鳴いていて、その後、徐々に減っていきます。そして晩秋の気温が低い頃は昼間にも鳴くようになります。3年前の12月1日の昼間に1匹のマツムシが元気に鳴いていたことがあり驚きました。コオロギやスズムシの仲間は気温により鳴くテンポが変わります。気温が高い時は鳴くテンポが速く、気温が低い時はテンポがスローになります。しかしマツムシは気温による鳴き声のテンポはほとんど変化ありません。これもマツムシの特徴でしょうか。

(画像・発見したマツムシ成虫♂・2020年10月16日 大阪府郊外)

 

 

 

【秋の夜間採集】

JUGEMテーマ:鳴く虫

昨夜採集に行ってきました。昼間は暑いくらいですが、夜になると北風が吹いて涼しいです。今はマツムシが一番目立って多く鳴いています。次いでクツワムシもたくさん鳴いています。スズムシはかなり減りました。カンタン、ヒメコオロギ、カヤヒバリ、カネタタキ、アオマツムシ、エンマコオロギなどもあちこちで鳴いていました。

(画像・昨日撮影・鳴いているマツムシ♂大阪府郊外)

 

【コロギス幼虫の巣】

JUGEMテーマ:鳴く虫

先日コロギスの幼虫を採集しました。飼育ケースに葉っぱを入れたところ、すぐに巣を作りました。コロギスはコオロギとキリギリスの中間というのが種名の由来です。自分のアゴで葉を上手に切断し、口から蜘蛛の糸のようなものを出してそれを葉にくっつけて貼り合わせて巣を作ります。昼間は画像のように巣の中で休んでいて、夜になると巣から出てきて活動します。鳴きませんがその代わりに足をたたいて音を出す、タッピングをします。面白い性質ですね。

【キンヒバリ、カヤヒバリ、ヤマトヒバリ2化性の不思議】

JUGEMテーマ:鳴く虫

キンヒバリ、カヤヒバリ、ヤマトヒバリは暖地では年2化性です。キンヒバリは6月上旬に羽化して鳴き始めますが、9月に羽化する個体群もいます。この2化性後期個体は成虫越冬して2月の暖かい日から再び鳴き始めて8月くらいまで生きます。しかし、6月の前期個体はスズムシやキリギリスなどの仲間と同様、2〜3か月の寿命です。同じ種類なのに前期と後期個体で寿命は5倍以上も差があります。不思議ですね。

【ヤマトヒバリ採集】

JUGEMテーマ:鳴く虫

久しぶりにヤマトヒバリの採集に行ってきました。体長わずか6ミリと小さいため、なかなか見つけるのが難しい虫です。ギィギィギィギィと、とても良い声で鳴きます。姿も大変美しく背中から翅の付け根部分にかけて赤く、グレーの薄い半透明の翅をもち、大変優れた鳴く虫です。

【カヤヒバリ採集】

JUGEMテーマ:鳴く虫

 

カヤヒバリはキンヒバリと姿といい、大きさといいそっくりですが、鳴き声は全く異なります。今は気温が高いため、ビービービービーと鳴きます。12月から3月くらいまでの気温が低い時は、リーリーリーとまるで全く別の種類のような鳴き声に代わります。面白いですね。

(画像カヤヒバリ成虫♂・2018年2月大阪府郊外)

【秋の草むらに集く虫達】

JUGEMテーマ:鳴く虫

 

今、夜の草むらでは秋の虫達の大合唱です。気温が徐々に下がってきて晩秋の頃になると、昼間にも鳴くようになります。鳴く虫は気温が高いと鳴くテンポが速くなり、気温が低いと鳴くテンポが遅くなります。この鳴く虫達の変化で季節の移ろいを感じ取ることができるのです。

 

(画像・カンタン♂2014年 大阪府郊外)